JMAF財団助成金対象研修

財団承認第10008号

建設業界におけるドローン活用セミナー&飛行訓練実習研修

研修機関:一般社団法人全国無人航空機飛行技能適正評価監視機構

  • 平成31年4月15日(月)
  • 那須リゾートカンファレンスセンター(実習会場:塩原カントリークラブ)
JMAF財団認証
受講料 100,000円/名(税別)
研修分類 集合型(自由課程)(合同研修):助成率30%
承認研修機関 一般社団法人全国無人航空機飛行技能適正評価監視機構
主宰監理団体 日本環境建設技術振興事業協同組合

開催要項

建設業界におけるドローン活用セミナー&飛行訓練実習研修 研修イメージ写真

ドローンを建設現場空撮事業に活用するためには、操縦や安全に関する知識・技術が必要です。
本研修では、建設施工現場の工程空撮に必要となる、「座学」「操作自習」教育プログラムを提供し、ドローンを施工現場で安全に運用できる操縦者を育成いたします。
このコースでは、1コース3日間でドローンについての法規制知識と空撮基本操作を、弊社DJIインストラクターが指導します。

■研修内容

(1)座学 マルチコプターの概論、注意事項(航空法/電波法/気象など)
(2)操縦実習
・機体準備、基本操作方法、飛行作業前の確認
・操縦練習(初級フライト)、空撮技能等
・飛行作業後の確認

■参加条件

・中建連の監理団体へ所属する組合員たる建設事業者
 (員外事業者は監理団体への組合共済会員加入を要します)
・視力(両眼0.7以上かつ片目0.3以上:矯正可)
・聴力(聴き取りができる)
・身体(無人航空機の操縦に支障がない)

■ご準備いただくもの

・座学:筆記用具
・実技:目を保護するもの(メガネ・サングラスなど)、外履用靴、フットサル場以外は内履用靴(サンダル・スリッパ不可)必須(ヘルメットをお持ちの方は持参ください。)

■研修スケジュール(5時間/日×3日)

・座学(5時間)

・実技訓練(10時間)

■研修日程は、上記の時間にて、お申込者との協議にて編成できます。

※雨天延期あり

受講要件

1.建設業に従事する社員(雇用形態不問)
2.経営幹部、代表者

お申し込み/お問い合わせ

詳細は、当社団公式サイトにてご確認できます。

https://www.javoa.or.jp/

カリキュラムの編成は、受講企業との協議により決定します。
ご相談は、齋藤まで。

連絡先 一般社団法人全国無人航空機飛行技能適正評価監視機構
〒329-3157 栃木県那須塩原市大原間西1-1-11 ヤナイビル3階
受付電話番号 TEL. 0287-73-8881
JMAF財団へのお問い合わせ/当財団へのご相談や助成金制度に関するご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。
Page top